• 平成31年度江刺甚句まつり42歳年祝連 燎仁会

第2演芸部の江刺甚句の先行練習が12月5日から岩谷堂のコミュニティセンター(岩谷堂字下惣田290-1)で始まりました。

第2演芸部(部長菅原美穂)は、指揮者とオリジナル曲のボーカルを含めたお囃子を演奏する部です。

三味線・大太鼓・小太鼓・笛・ちゃんちき(掏鉦)・洋楽器・指揮者に分かれて紀焔会様の指導を受けていました。

 

初めて演奏する戸惑いと緊張感がどの部にも漂っていましたが、すかさずフォローをしてくださる紀焔会様のアドバイスに燎仁会のメンバーは真剣な眼差しで耳を傾けていました。

 

 

大太鼓は曲を通しで演奏することにチャレンジしていました。演奏が終わると、息も切れ切れ。しゃべられないほどの体力消耗に驚きを隠せない様子でした。

 

 

指揮を担当する事務局長の岩渕さんは、急に気温が冷え込むようになったことで「(指が)かじかむ…」とつぶやいていました。

指揮者の二人は暖房のない廊下でホイッスルを響かせて繰り返し練習していました。

 

お囃子の先行練習はこの後も続きますが、年明けから踊りの練習も始まります。

また、このほかの部も連日各地で準備に追われています。

 

今後もその様子をお伝えしていきます。